読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイゼン生活

小さなイラっをカイゼンすれば日々是好日。

モバイルへらシステムを考える(2)パッキング

竿、竿受け、ハリスケース、浮子ケース、針はずし。 へらぶな釣りでは本来、長さがあるもの上記のものを、うまいこと50cm以内でひとつにパッキングできないか。 特に竿受けは、バラバラになるので、足場の悪い釣り場などでは落下や紛失の恐れがある。なるべ…

リチウム・ポータブルバッテリーの長期インプレッション(クマザキ社製エレメイク)

長期使用レポート(8ヶ月)ACコンセント2基と、USB給電口1、DC(シガーソケット電源)がつく基盤の板がぺらぺらで差し込んだり、抜いたりに、ちょっと気を使う、というのは初期インプレ時に記したが、ついにDC差し込み口が引っこ抜けた。もともとぐらぐら…

積載方法カイゼン(ちび輪バッグPW & パナソニック社製トレンクル)

折りたたみ自転車トレンクルの、ハイエースへの積載方法をカイゼンしてみた。これまでは荷室右前部に搭載し、右スライドドアからの出し入れだったがのを、荷室右後部へと変更。 1,400km以上におよぶフィールドワークにもこの方式で積載してみたが、車中泊の…

NEWカルカッタ・コンクエスト2014を新旧モデル比較で検証(シマノ社製CALCUTTA CONQUEST)

<2014年8月3日・フィールドでの写真を追加> ロッド(ダイワ社製B.B.B.666TMLRB) 自転車(パナソニック社製トレンクル6500※生産終了) ウォッチ(KENTEX社製マリンマン・シーホース) ダイワ(Daiwa) B.B.B. トリプルビー 666TMLRB 876933出版社/メーカー: …

ヘヴィデューティーな夏パンツ(HAGLOFS・メンズ リザード ショーツ)

故スティーブ・ジョブスのように同じ服を一生分買いためておきたい。 という誘惑にかられる「HAGLOFS メンズ リザード ショーツ」。 ブラックを選んだので、トップスを選ばず、山、海、町、どこでも使えて快適この上ない。 1着目は2シーズンのヘビーローテ…

戦略的な気分にひたれるカヤック用魚探(HONDEX社製HE601GP)

電動リールを導入したのでカヤックにリチウムイオンバッテリーを積載するようになった。 これまで電源の関係から乾電池式のポータブルGPS魚探「PS-501CN」を使っていたが、船底に振動子をつけた場合で水深60m、直接水中に落とし込むタイプの振動子で100m前後…

欠点のない鍵の束(NITE-IZE(ナイトアイズ)「エスビナーキーラック」)

【更新履歴】 ロングタームインプレッション(270日)を追加 初出 2013年9月22日 使って270日。まずこれを使わない日はない。 最初にタイトルと異なることを言わねばならない。欠点が3つあった。 リングと鍵をつなぐクリップが、たまにはずれるのだ。これは…

レトロで正しい進化を成し遂げた機械式デジタルカメラ(フジフィルム社製 FinePix X20)

【更新履歴】 -2014年6月28日 ロングタームインプレッションを追加 -2013年5月18日 ロングタームインプレッションを追加 こんなものが出てくれないかと何年も待っていて、ついに! と出てきたのが前機種のX10。X10のデザインをまったく変更せず、また硬派な…

漁艇のカイゼン(冷蔵船化)

冷蔵船とかいって、ただ単にクーラーボックスを積んだだけである。今までは漁獲物はスカリに入れ、クーラーボックスは使わなかった。魚をもっと美味しくいただきたいということで、クーラーボックスを積載してみることにした。 これに合わせて、クーラーボッ…

折りたたみレインブーツ(コロンビア社製ラディパッカブル)

くるくるっと折りたたんで、ダッフルバッグにぽんと入れる。 かさばらず、履き心地もよいレインブーツ。 フィールドワークの際は、たいがいこの長靴を履いている。寒いときの釣りには防寒用としても重宝。 2011年11月から使用開始。けっこうガンガン使ってい…

どこに行っても褒められるランディングネット2世代目

いろんな釣り場で、イイネ!、と褒められた自慢のランディングネット。へらぶな、カヤックフィッシング、トラウト管理釣り場、堤防や磯と、どこでも使っている。 ネットもポールも玉枠もジョイントも、全部、ばらばらに購入しての組み合わせである。 2014年G…

風に強くテンションアップのカセットコンロ

2014年GW。半月におよぶ単独・北海道遠征ではすべて車中泊。三食のほとんどは車中食(ロールパン)かカセットコンロによる自炊。 このとき使ったカセットコンロはイワタニ社製の風防つき&ケースつきのモデルだったが、ケースがしょぼくて出し入れの際にテ…

横寝するハンガーさんのための健康枕

枕は長年、悩んできた。 いろいろ試してきたが、なかなかコレというものに出会えない。 横向きに寝る癖がある。学生時代は学内の知らぬ人たちにハンガーさんとアダナされていた肩幅のせいで、横向きに寝ると、頭がさがってつらい。 歳をとるにつれ、枕がます…

モバイルへらシステムを考える(1)マジックソー

ふな釣りは楽しい。しかし荷物が多いのが難点である。 へらぶな北欧スタイルで道具の軽量化とコンパクト化を洗練させていく試みを進めているが、竿と竿受けの長さだけはどうにもならない。公共交通機関やランニング、あるいはオートバイでの、へらぶな野釣り…

黒くて湾曲したラダーレール(キジマ社製メタルフィールド)

今年はオートバイにたくさん乗ろうと思っている。 とはいってももう体力も眼力もないので、ハイエースに原付二種を積んで遠くに行くのだ。 クルマにオートバイを積み下ろしするさいに使うハシゴが、ラダーレールである。 ちなみに上の写真は、ハシゴを見るや…

ロクサーニ・バトルシップ16インチホイールとYOKOHAMA社製MAPタイヤ(ハイエース)

今冬は人生で初めてスタッドレスタイヤというものを入れてみたのだが、雪の当たり年となり、正解だった。従来のホイールにスタッドレスを入れてしまったため、サマータイヤにスイッチするためには新たなホイールを買うしかなくなった。 ハイエース12万キロ。…

へらぶな釣りはエレガントに?(1)・・ブラックホールダッフル(パタゴニア)

へらぶな釣りというと、通りがかりの人たちにとっては、もう完全に、むさいおじさんのイメージしかないだろう。公園の池で立ち小便なんかしているところに出くわすと、善良な婦女子ならば、もう死んでしまえ、と思っているにちがいない。 しかし誰しもおじさ…

行きついたランニングウォッチ(ASICS RUNNING WATCH AP04 SPM Training)

これまでGPSつきとか、ジャイロのフットポッドセンサーつきとか、いろいろ試してきたランニングウォッチ。汗で腐食し死んだ機能性ウォッチが部屋にいくつ転がっていることか。 価格も4万から8万と高価なわりには耐用年数も少なく、消費電力も多いため、特…

ゴリラーマンになったモンキーマン(マウンテンハードウェア)

故スティーブ・ジョブスはいつも同じ服を着ていた。黒のタートルネック。有名な話だが、ISSEY MIYAKEに数百着単位でオーダーしていたモノ。じつは細部に至るまでこだわりを貫いた逸品。市販もされているとのこと。 スティーブ・ジョブスさんのように何百着も…

プロ御用達のウェアラブルカメラ。GOPRO HERO3プラス

前モデルである「ヒーロー3シルバーエディション」からの買い替え。(上の写真は前モデル) 見た目はほとんど変わらないし、ネーミングでも「+(プラス)」がついただけのマイナーチェンジだが、しかし中味は別物! 前モデルは逆光や低光量時のパフォーマ…

包まれるすわり心地のコンパクト折りたたみチェア ヘリノックス

コンパクトな折りたたみチェアでは、今までは「グリベルモンブラン」ブランドのものを愛用してきた。 もともと風景を描く絵描きさん向けの用品として紹介されていたのを知り、釣り用に購入した。グリベル社自体はイタリアの本格登山用品メーカーだが、日本で…

子どもと釣りでも

娘が4年生ぐらい。当家では娘に対して幼少時からフライフィッシングをはじめ釣りの英才教育を施してきたが、みごとなまでに釣りに無関心な女子高生に育ったのであった。 娘が6年生ぐらい。 すると最近、小学高学年へと成長した甥っ子が釣り、特にルアー釣…

ライトタックル感覚の電動リール(シマノ社製フォースマスター400DH)

正直にいうと、電動リールというものを、ちょっと軽蔑していた。そこまでするか、という感じ。 しかしそうも言っていられない事態が発生した。 いつも舟を出している海は12月から刺し網漁が始まり、常設の定置網とあいまって竿を出せる場所がなくなる。先日…

2013年「もっとも使えたグッズのTOP3」

今年も早くもこの季節がやってきました。 2013年「もっとも使えたグッズのTOP3」の発表です。第1位 マキタ社製 業務用ハンディ掃除機2008年にマキタ社製の家庭用ハンディ掃除機を導入して以来、2010年に業務用のCL140シリーズへの買い替えを経て、もう5年…

マキタ社製 業務用ハンディ掃除機(14Vモデルと18Vモデル比較)

マキタ社製の業務用掃除機は、かつて新幹線で活躍する掃除のプロおばさんたちが使っていたことによって一躍、家庭にも支持をひろげた。 わが家でも2008年にマキタ社製の家庭用ハンディ掃除機を導入して以来、2010年に業務用のCL140シリーズへの買い替えを経…

車中泊に強い寝袋は防災にも強い(モンベル社製 U.L.スーパースパイラルダウンハガー#5)

モンベルの超軽量シュラフとして長く登山の世界で君臨してきたアルパイン・ダウンハガー。温度設定が細かく、マイナス20度の極地探検から春秋の湖畔キャンプまで、さまざまなシーンに対応するモデルがチョイスでき、同じ温度設定モデルでも、身長によって長…

みちのくの山深い工房で研ぎ澄まされてきた道具。フライロッド「カンパネラ」

無駄な力を抜いていく。美しく。美しくは難しい。 ランニングでもスイミングでも、まず競技志向の強度の高い鍛錬を積み、その中から自分の体幹を磨きあげていったあとに、やっと美しさが出てくるように思う。ランニングでいうと、やはり学生のころに競技をや…

KAYAK375(ジョイクラフト社製インフレータブルカヤック)

動力付きゴムボートで定評のあるジョイクラフト社から、動力ナシの純粋なインフレータブルカヤックが発売されたのが2012年。 集合住宅カヤッカーにとって、ひさびさの期待の一艇だったのではないかと思う。 インフレータブルカヤックはすでにキャンプテンス…

コンパクトなトング(ユニフレーム社製クッキングトング)

湖沼などで釣り歩きをしながら、ゴミ拾いでもしようと思う。 釣果がないとさびしいし、ゴミが多いと悲しい。 ある日、思った。ゴミでも見方を変えれば立派な獲物ではないか。さて道具。 手で拾えばいいのだけれども、そこまでの気合はないのである。 ホーム…

エアフレーム13コンバーチブル(インフレータブルカヤック)

2012年6月に空気漏れで修理に出していたキャプテンスタッグのインフレータブルカヤックが、修理から帰ってきたのが2013年8月。 修理といっても実際にはエアチューブの交換で、パーツ待ちで1年かかったわけである。費用の方は2万円強。キャプテンスタッグ…

便利は王道をゆけ(4)南京錠の考察

南京錠である。リヤボックスの鍵として使う。さいきん、もの忘れがひどく、鍵を紛失するおそれがあるので、当初はダイヤル式のものを買った。 が、実際に使用してみると、なんとも使いにくい。夜なんか、番号が見えなくてぜんぜんだめ。やはり基本に忠実に、…

便利は王道をゆけ(3)74リットルのリヤボックス積載

ベンリィ110のリヤ積載スペースに搭載するボックスが届いた。 アイリスオーヤマの灯油ポリ容器収納用の密閉バックル型のベランダストッカー74リットル。 3つのまとめ買い。1つはベンリィ、2つは本来の用途、ベランダ用である。 スタッキング性がよいので…

便利は王道をゆけ(2)リヤボックスの考察

便利の王道、そのどまんなか。リヤボックスの検討をはじめる。 ホンダのコンセプトモデルであるベンリィ・アドベンチャーを見てみよう。コンセプトモデルなので、すべての装備品が入手できるわけではないが、リヤトランクボックスは入手可能である。ただし、…

便利は王道をゆけ(1)ゴムひも

ベンリィはその名の由来のとおり「自転車より便利」がコンセプトのオートバイだ。 しかし、ヘルメットはかぶらないといけないし、歩道は走れないし、一方で自転車の方は電動つきなんか出てきているし、これが命名された1960年代はよかったかもしれないが21世…

最強のハンディGPS(ガーミン社製OREGON550TC)

<2013年6月19日追記>ガーミン社のハイエンド・ハンディGPSの購入は、このOREGON550TCで4代目となる。 スマフォでナビができる時代にわざわざ10万円でハンディナビを買う意味などあるのか、と経費認可の際に弟に言われた。 そう、ある。 スマフォのナビも…

実用自転車の心臓、カルシファー

実用自転車ナショナル社製「レギュラー」。 自転車鍵も純正品。キーの方のスペアがないので、この1本、絶対になくせない。 レギュラー号に似合うキーホルダーとは?犬とかカカシはどうでもよくて、ちっこいカルシファーの方が本命。 カルシファーだけが欲し…

80年代中学生スタイルの再現(廉価版ベイト用パックロッド)

43歳のこの年は、廉価版ベイトキャスティングリールにパックロッドという80年代の中学生スタイルの釣りをやってから、ちょうど30年という節目である。 あのころ、小遣いを貯めて買ったリールがダイワの進化系ベイトキャスティングリールだった。「マグサーボ…

小分けパッキング用スタッフバッグのカイゼン

ここ数年、小分けパッキング用スタッフバッグとしては、イーグルクリーク社製の「パックイット」シリーズの2サイドハーフシェルを使ってきた。 大きな旅行バッグに衣類や小物類を小分けして入れることで、荷崩れを防ぎ、必要なものをさっと出せるメリットは…

実用自転車の寝かせ方

五月晴れである。 半年ぐらい屋内駐輪場に寝かせておいたナショナル社製の実用自転車「レギュラー」号のすす払いを行う。雨ざらしはよくないが、風通しがよく通年、温度変化の小さい屋内駐輪場は、ワインと同じく実用自転車を長期熟成させるのにもってこいの…

大木製作所の竿ピンチ

洗濯物がよく乾く季節になりました。 もう5年ほど使っている大木製作所の竿ピンチ。 ステンレス製なので腐食もなく、ぴかぴかのまま。 また一本のステンレスワイヤーを曲げただけのシンプルな構造なので、ばねが弱くなったり、変形したりといったトラブルも…

1980年代の中学生スタイル

1980年代の四国の中学生、つまり少年だった僕らの釣りスタイルはこうだった。中学生のお小遣いでも買えるガングリップのパックロッド は、今では完全絶滅した。 ロッド・・RYOBI社製ガングリップ振り出しパックロッド(仕舞寸法38cm・グラスファイバー製)実…

ハイエース室内のカイゼン(ガレージソリューション・ループフック220mm)

ガレージソリューションのループフック220mmを増設。 セミハードのロッドケースをハイエース室内右上部に据えるためである。 ふな釣り用ロッドケースの他に、新たにフライロッドとルアーロッドを収納したトラウト用ロッドケースを試験導入した。ロッドケース…

コインロッカーにも入る鉄道旅行対応チャリ(Panasonic社製トレンクル)

パナソニックがJR東日本と共同開発した電車と自転車のコラボな旅むけのフォールディング(折りたたみ)バイクである。 コンセプトは持ち運びがラクで、駅のコインロッカーにも入る! というもの。 6.5kgという超軽量化のため(※2013年の現行モデルは6.9kg…

乾電池式のGPSつき魚群探知機(ホンデックスPS501-CN)

単三乾電池で実働する魚探である。 しかもGPSつきである。 フィッシングカヤックに搭載できる魚探となると、もうほとんどこの機種の独壇場という感じなので今さらレポートをする必要もないのだが、簡単に私見を。 まず、魚探としてはほとんど使っておらず、…

シューズを履くときの、小さなイラッをやっつける・・テクノロジーシューレース

小さなイラっ、をやっつける第二弾。 シューズを履くときのイラっ。 フィット性がよく快適なシューズほど、脱ぎ履きのときに苦労するもの。 ものによっては、いちいちひもまで結び直さないと履けないものもあり。 トライアスロンで第四の種目といわれるのが…

プロっぽいビデオカメラ NEX-VG30H

プロっぽさが肝心である。 仕事で使う機材なので本来はプロでなければならないのだろうが、腕前としては家庭用機材でじゅうぶんなレベル。自分の腕がないだけ、せめて機材だけでもプロっぽくなければ、業務として成り立たない。 このモデルの初代のNEX-VG10…

小さな「いらっ」をひとつずつ、つぶしていく・・ファスメンテ50

生きてきて長いあいだ、ほったらかしにしてきた小さな「いらっ」。 若くて元気なころは、次の瞬間には忘れ去り、どんどん先に進んでいく。 また同じような状況で、いらっとしても、また忘れる。人生で何度も何度もくり返すが、そのまま通りすぎてしまう。 四…

カヤック艤装:積載計画

カヤックのフロントデッキに荷物を積載できるよう、フックとバンジーコードを装着。 リベッターという工具でリベットを打った。工具は1000円で買えた。 リベットを打ったあとは防水処理をしなければならないが、カヤックはポリエチレン製なので通常の接着剤…

この重みがたまらないキッチンばさみ(貝印社製関孫六)

ずっと前からホームセンターで気になっていながら、なかなか買えなかった高級キッチンばさみ。 やっとの導入後、半年が経った。 オール金属製なので、最初は少し重いかなと思ったが、この重厚感、慣れるとプラスチックの柄のものを使うとかえって使いにくく…

パールイズミ社製ヒートテックセンサー

2010年前後にユニクロのヒートテックで一躍、手ごろでメジャーな着衣習慣として広まり、今やホームセンターで1000円札1枚で買えるようになった機能性アンダーウェアだが、僕が愛用しはじめたのはゴールドウィンがオートバイ用に出していたものを使った1990…