読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイゼン生活

小さなイラっをカイゼンすれば日々是好日。

車中泊に強い寝袋は防災にも強い(モンベル社製 U.L.スーパースパイラルダウンハガー#5)

f:id:cippillo:20130412142712j:plain

モンベルの超軽量シュラフとして長く登山の世界で君臨してきたアルパイン・ダウンハガー。温度設定が細かく、マイナス20度の極地探検から春秋の湖畔キャンプまで、さまざまなシーンに対応するモデルがチョイスでき、同じ温度設定モデルでも、身長によって長いサイズと短いサイズも選べた。それだけでなく、ジッパーの右開き、左開きまで選べる周到ぶり。究極をめざしているという意志が伝わってくるよいシュラフだった。

メイン用途は車中泊であるが、きわめてコンパクトでありながら高い防寒性をそなえていることから防災用品としても重視しており、家族の人数分はそろえたいと思っている。ただ高価なので新モデルが出るごとに1つずつ買い足してていこうという長期計画。

さて2013年現在でフラッグシップに位置づけられているのが「U.L.スーパースパイラルダウンハガー」。

f:id:cippillo:20131219140058j:plain

写真は同じ5番手で、左が現行モデル、右が旧モデル。

従来のアルパイン・ダウンハガーの場合、伸縮性がまったくなかったため、ジッパーを上げてしまうと、ほとんど拘束具状態。新作は寝袋内でもぞもぞ動ける。小柄な人なら寝袋に入ったまま、あぐらをかいて座れる。

そのぶん、旧モデルよりも中が少しスースーする感じはあった。寒いときはドローコードでしっかり引き絞ってやる必要がありそうだ。

 

車中泊の場合、クルマが風雪雨をしのいでくれるので、温度設定#5(快適睡眠温度6度〜、使用可能限界温度ー2度〜)があれば、ほぼ問題ない。ホームセンターで買った安いシュラフではとても眠れないような真冬でも、なぜ?って思うぐらいダウンハガーは暖かい。さすが極地モデルをフラッグシップに持つシュラフ。

 

車中泊にオススメする#5は、460gと軽量であること、たたむと海苔缶(懐かしい?)ぐらいの大きさになってしまうメリットは大きい。また、ダウン素材のシュラフはたたむときに、きれいにたたんではだめで、もうぐしゃぐしゃにスタッフバッグに詰め込む感じ。そこが妙に気に入っている。

 

車中泊だけの用途で考えれば、クルマに積みっぱなしにするんだし、何もそこまで軽量・コンパクトでなくてもいいと思うかもしれない。

しかしクルマに積みっぱなしにする意味は、単に車中泊だけでなく、非常時の防災グッズとして考えると違った側面が見えてくる。小く軽いことは、災害など極限の状態においては決定的な差となって出てくるのだ。

限られたクルマの積載スペースのスキマにぽんと入れておくだけで、いざというときに、ほんとうに助かる。

しかし、このシュラフにくるまれたわが家族3人が、クルマの中で川の字で眠っていたら、のぞいてしまった人はきっとファラオの呪いに怯えつづけることだろう

 

仕様

【素材】中綿:800フィルパワー・EXグースダウン
撥水加工:ポルカテックス®
表地:バリスティック®エアライト
【総重量】460g(本体重量:440g)※総重量はスタッフバッグも含んだ重量です。
【カラー】ブルーリッジ(BLRI)
【サイズ】R/ZIP / L/ZIP
【収納サイズ】φ12×24cm (2.2L)
【適応身長】身長183cmまで
【快適睡眠温度域】6℃~
【使用可能限界温度】-2℃

 

 

モンベル(mont-bell) U.L. スーパースパイラルダウンハガー♯5 ブルーリッジ R/ZIP BLRI [最低使用温度-2度] 1121207

モンベル(mont-bell) U.L. スーパースパイラルダウンハガー♯5 ブルーリッジ R/ZIP BLRI [最低使用温度-2度] 1121207

 
モンベル(mont-bell) U.L.スパイラルダウンハガー♯5 インクブルー IKBL [最低使用温度-2度] 1121803

モンベル(mont-bell) U.L.スパイラルダウンハガー♯5 インクブルー IKBL [最低使用温度-2度] 1121803