カイゼン生活

小さなイラっをカイゼンすれば日々是好日。

どこに行っても褒められるランディングネット2世代目

f:id:cippillo:20140516075129j:plain

いろんな釣り場で、イイネ!、と褒められた自慢のランディングネット。へらぶな、カヤックフィッシング、トラウト管理釣り場、堤防や磯と、どこでも使っている。
ネットもポールも玉枠もジョイントも、全部、ばらばらに購入しての組み合わせである。
2014年GWに、北海道の阿寒川の河原に置いてきてしまい、急きょ、2世代目をつくった。


初代
f:id:cippillo:20140516075132j:plain


ネットは1世代目と同じPROX社製の軽量タイプ。黒の方が格好いいが、夏場は熱くなって魚にダメージを与えてしまう。結果、この半透明タイプが○。


ポール部は山形で通りがかりに入った釣り具屋で購入。1世代目はアルファタックル社製のLシャフトを使っていて、品質には満足していたが、仕舞い寸法の34cmはちょっと短かったかなという感じ。理想的には45cm。伸ばすと2.4m。
ポイントは収縮状態(収納状態)でヘッド部が回転しにくいこと。(きつめに締まること)
小継ぎのランディングポールは各社から出ているものの、きつめに絞まるものがなかなかない。もちろん本来の用途としては、ささっと伸ばせないといけないので、絞まりがきつすぎるのは良くないのだろう。
2世代目のポールは長さと絞まりだけで選んだので、どこの銘柄か分からない。3000円程度だった。

f:id:cippillo:20140516075126j:plain

アルファタックル(alpha tackle) TRGR Lシャフト L-708 69170

アルファタックル(alpha tackle) TRGR Lシャフト L-708 69170


フリックジョイントは1世代目と同じTAKA社製。ストレート形状はこの商品だけなので高いけど、はずせない。色を赤から青にした。

f:id:cippillo:20140516075127j:plain


玉枠。これは前々から欲しかったPROX社製のカーボンオーバルのワンピース。形状もよく、高校のときバドミントン部だったので、当時、オーバル型で脚光を浴びたカーボンラケットを思い出す。ランディングネットという道具が、すっと手に馴染むラケットのような感じになり、とても気に入っている。
3つ折りタイプとワンピース、円形とオーバル、サイズも2種類とラインナップも複数ある。

f:id:cippillo:20140516075128j:plain