カイゼン生活

小さなイラっをカイゼンすれば日々是好日。

Apple御用達品質のサインバイザー用オーガナイザー(Cocoon社製Grid it)

f:id:cippillo:20141030130450j:plainf:id:cippillo:20150110101331j:plain
インバッグのオーガナイザーとして大人気の「Cocoon Grid it」は、アップルのオフィシャルストアでも取り扱いされた

今や100円ショップでも売っているサンバイザー用小物入れ。
当方、ハイエースは機材という位置付けから運転席まわりで手が届く範囲の小道具収納は、かなり重要な要素ということもあり、さすがに100均では買わないが、ホームセンターで耐久性のありそうなものを選んで使ってきた。
2013年11月、バッグイン収納ツールのアイデア商品であるCocoonブランドの「GRID-IT! 」から、サンバイザー用が発売されていることを知って、迷うことなく導入。
さて、その使い勝手のよさは、商品を見ただけで容易に想像できると思うので、あえてここで触れる必要もないだろう。ここでは4年弱におよぶ長期間、クルマに付けっぱなしで使用したもの写真と、2年ほど使用したものの写真を並べた。

f:id:cippillo:20171122102145j:plainf:id:cippillo:20171122102146j:plain
2年使用(左)と4年弱使用したもの(右)

サンバイザーに固定して使うグッズという性格上、夏など高温になる車内に放置されるわけで、ゴムの伸びが目立った。特にペンなどをはさみっぱなしにしたり、よく使う場所のバンド部分はのびのびになっている。古い方のバンドのノビが気になりだしたのは使用2年ほどが経過してからだった。
ただ高価なものではないので、そのアトモドリできない便利さを考えれば2〜3年で買い替えれば問題ないといえる。新しい方はリピート購入したものであるが、その後2年たっても、それほどへたりは見られない。これは材質をカイゼンしてくれた可能性もなくはないが、使う際に、ノビを意識して、しばらくクルマを使わないときは、モノをさしっぱなしにしないなど、使い手側のカイゼンによるところが大きいのかもしれない。
しかし、値下がりしただろうか? 昔は2,000円以上だったような。
安くなるのはけっこうなことだが、材質や品質が低下していないかが唯一の心配。逆に多少高くなってもいいから、品質を高めていくような長寿商品になってくれれば。


f:id:cippillo:20141228190637j:plain
f:id:cippillo:20141228190636j:plain
モノが全部見えるというところがいいし、さっと取り出せるのもいい。将来はバッグ自体はシンプルな1層タイプのトートやスポーツバッグにして、あとは大小のGRID ITをぼこぼこ入れるなんてのも?
欠点はゴムを使っているので、ちょっと重いこと。
何個か入れるとけっこうな重さになりそう。
おもな用途はハイエース社内での小物の整理。
ハイエースで運転席から後部の作業スペースに移動するとき、疲れてくると鍵とかスマホとか小物の扱いが雑になってきて、あとでどこに行ったか分からなくなって困るので、GRID ITにはさんで移動を心がける。
またビジネスホテルやネット喫茶に入るときも、必要物を忘れることなく、すちゃっとバッグに入れることができるという利点も。